• 事務員s

読書いかがでしょう

こんにちは、事務員sです。


もうすぐGWが始まりますね。


今年もステイホームでおうち時間が長くなりそう。


そんな時、読書はいかがでしょうか。


私、読書が趣味の一つです。


子供のころから大好きで、


一時は年間100冊を目標にしていました。

(ほぼ未達成に終わるのですが・・・)



今日は私がお勧めしたい本を3冊ご紹介したいと思います。


お子様向け、学生さん向け、大人向けとご紹介しますので、


ご興味ありましたら、ぜひ読んでみてください。



☆お子様向け

かこさとし作:からすのパン屋さん


私が小さいころ大好きだった絵本です。


赤ちゃんからすの兄弟、オモチちゃん、レモンちゃん、リンゴちゃん、チョコちゃん。


カラス家族みんなでアイデアを出し合って、個性豊かで素敵なパンをたくさん焼きます。


パンダパン、だるまパン、かめパン、うさぎパン、りんごパン・・・。


このパンのページを見るのが大好きでした!



☆学生さん向け(中学生~高校生)

白川紺子作:下鴨アンティークシリーズ


京都が舞台の、着物に込められた「想い」に寄り添うアンティークミステリーです。


この写真は最終巻。


元々は、表紙の可愛らしさに惹かれて購入しました。


読みやすいですし、舞台が京都なので馴染みがあります。


淡々と続くだけではなく少しメリハリもあり、けどそこまで冷や冷やすることはなく。


ゆったりと読むにはちょうど良いのではないかと思います。



☆大人向け

大沢在昌作:海と月の迷路


これは・・・、ハラハラしながら最後まで一気読みでした!


昭和30年代の軍艦島が舞台で、本当にあったのではないかと思うほどでした。


若い警察官が事故死と判断された少女の死に不審を抱き、独自の捜査を行うのですが、


「全島一家族」で、警察をも管理下に置く島の組織と掟に波紋を呼んでしまう・・・。


事故なのか?殺人なのか?犯人は島内に?


この本を読んで、私は軍艦島に行きました。




この連休、まだ何も用意していないのですが、


何か面白そうな本を探してみようかな、と思っています。


本屋さんの雰囲気もいいですよね、匂いとか、空気。


久しぶりに行ってみようかな・・・。




では、今日はこの辺で🐰